老廃物をリンパ系にのせて排泄します

2週に一回マッサージ

ダイエット目的のボディのエステですが、脂肪のもみほぐしが主な施術になります。その他にもマシンの中に入ったり器具を使って固まった細胞をほぐしたりなどの施術も行います。サロンによってこれも色々と方法がありますので、通う時は調べてから行きましょう。
さてこのもみほぐしなのですが、施術によってせっかく柔らかくなっても2週間後には固くなってしまっています。柔らかくなっている間が脂肪の落ち時ですので、その間は生活習慣を見直しながら脂肪を落としていきます。そして、2週間後また脂肪を柔らかくしていくのを繰り返し、平均で5回エステに通う事になります。5回で思ったような効果が出なかった場合は、回数を増やして継続していきます。

入浴後が効果的

脂肪は柔らかい時にもみほぐしやすくなります。脂肪を柔らかくするには体を温める事が一番です。よって入浴後の体が温まっている時にもみほぐしをすると、一番効果が出やすいのです。
エステによっては、痩身の為のもみほぐしやマッサージを行う前に岩盤浴に入ったりするところもあるようです。施術を行う際はヒートマットの上で行うところも多々あります。
痩身エステは、デトックス効果を狙い基礎代謝をあげて痩せやすい体質にする事も目的です。リバウンドしにくい体にするように、体質改善を行っているのですね。
そして、もみほぐしやマッサージをするとデトックス効果のおかげで体の中の老廃物がリンパにのって出ていきますので、非常に体が疲れとても眠くなってしまう事があります。
理想としては、温泉付きのホテルなどに行き体を温め、その後ホテルの痩身エステを受けそのまま眠りにつく事でしょうか。


この
記事を
シェア

TOPへ